HOME » 間違った目元ケアをしていませんか? » クレンジング編

クレンジング編

デリケートな目元。クレンジングの方法が間違っていると負担をかけたり、しわなどの原因を作ってしまうこともあります。

そこで、目元のクレンジング剤の選び方や正しいメイクの落とし方をご紹介します。

正しいアイメイクの落とし方

さっぱりしっとり

アイシャドウに加え、アイラインやマスカラなど、アイメイクはさまざま。

とくに最近のアイラインやマスカラはウォータープルーフになっているものが多く、顔全体に用いるクレンジング剤だけでは落とすことができない場合もあります。

一般のクレンジング剤でメイクを落として顔を洗ったとき、目の下が真っ黒…なんていう経験をお持ちの方も多いでしょう。

アイメイクの落とし方でまず大切なことは、「セパレートメイク落とし」を徹底すること

目元のメイク落としは最初に、全体のメイク落としはその次に行ないます。目元の化粧品と顔全体の化粧品は性質が違うことをまずは頭に入れておきましょう。

そして、目元はデリケートであることも忘れてはいけません。頬を洗うのと目元を洗うのはまったくの別物と考えることが大切です。

アイメイクを最初に丁寧に落とし、次に顔を洗うという方法を続けると、目元の色素沈着を防ぐことができます。

アイメイクを最初に落とす

アイラインやマスカラを使っているときに使用したいのが、ポイントメイクリムーバーです。

ただし、目元専門のクレンジング剤は成分がキツイものがあるので、よく注意して選んでください。

おすすめの方法は、天然オイルのクレンジング剤によるセパレートメイク落としです。

逆におすすめできないのはシートタイプのクレンジング剤。優しく拭き取ったとしても、やはり目にはこする行為は負担になるからです。

また、オイルなどを用いたとしても、やはりこすり取る方法はオススメできません

オイルを用いてのアイメイクの落とし方

天然のオイルを使う場合は、それをコットンにたっぷりと染み込ませ、目元におよそ1分乗せておきます。

メイクや汚れを浮かせて、やさしく洗うのが目にはいちばん負担のかからない方法です。もし1分で落ちない場合は、さらに時間を延長します。

メイクや汚れが浮き上がったら、お湯でしっかり流しましょう。水のほうが引き締め効果はありますが、汚れを落とすことを考えればお湯のほうがベターです。

その後、お水でパシャパシャすれば、肌も引き締めることができます。